電子書籍とは何か|メリット・デメリットも含めてお伝えします

電子書籍とは

皆さんは電子書籍を利用していますでしょうか?
電子書籍市場は年々着実に増加しており、今後もますます注目される分野だと思います。

そこで本記事では、電子書籍を利用するメリット&デメリットをお伝えしていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電子書籍とはそもそも何?

電子書籍は、スマートフォン、タブレット、パソコンなどあらゆる端末で本を読むことができる本の電子データのことです。

各社競って参入していて異なるサービスを提供していますので、ご自身に合った電子書籍サイトを選択することで、快適な電子書籍ライフを送れることでしょう。

電子書籍のメリット

端末だけでなくアプリでも本を読むことができる

以外と誤解している人が多いのですが、電子書籍を読むのに専用の端末を購入する必要はありません。
サイトごとにアプリが提供されておりますので、スマートフォンやタブレットにインストールすれば読むことができます。

わざわざ買う必要もなく、現在使っているスマホなどで読むことができるのはメリットと言えますね。

もちろん専用端末は電子書籍を読むことに特化したものですので、それを利用すれば快適に電子書籍を読んでいくことも可能です。

紙ではないので保管場所をとらない

電子書籍はその名の通り電子データですので、紙でできた本と違って保管場所に困りません。
たくさん購入した本が部屋を占拠することもありませんので、安心して気に入った本を買い続けることができます。

本を持ち歩かなくて良い

これも先ほどにお伝えした続きとも言えそうですが、紙の本ではありませんのでスマホさえ持っていけば、たくさんの重たい本を持ち歩かなくても、どこでも楽に大量の本データを読むことが可能です。

無料でみれる本もある

著作権フリーの作品など、無料で提供している本がみれることがメリットと言えます。

例えば「ブラックジャックによろしく」などが該当し、多くの方にダウンロードされています。
他にもタダでみれる電子書籍は山ほどありますので、掘り出し物も見つかるかもしれません!

電子書籍のデメリット

本を保有している感覚がない

電子書籍のデメリットは、電子データということで実際に目の前に存在している紙の本とは異なりますので、どうしても本自体を持っているという感覚が実感できないことになります。

本をめくる紙特有の手触りや、匂いなど物理的な本としての魅力を感じれません。
どうしても紙特有の楽しみが欲しい人は、電子書籍が合わないかもしれません。

目を酷使する可能性がある

電子書籍を読むためには、スマホやタブレットなどのデバイスが必要ですが、そのデバイスには「ブルーライト」と呼ばれる青色光が多く含まれています。

そのため、長時間スマホなどの端末で読み続けると、眼精疲労に繋がる可能性が出てきます。
通常の紙の本を読む場合はブルーライトを浴びることがありませんので、電子書籍の場合、目を酷使してしまう可能性があることがデメリットになります。

電子書籍のまとめ

電子書籍はこれまでの紙の本のデメリットを無くした画期的なサービスだと言えます。
注意したいのは、電子書籍を提供しているサイトが終了した場合です。
この場合、今まで購入した電子データが観れなくなる可能性もありますので、電子書籍を購入する際は安心・安全のサイトを選択する必要があります。

本サイトでは、会社としての将来性・安全性を配慮したサイトのみご紹介しております。
是非電子書籍サイトの候補選びに活用していただければと思います。

おすすめ電子書籍サイト【2019年最新版】
本ページではおすすめの電子書籍サイトをご紹介します。 各サイト名・画像をクリックすると解説ページに飛びますので、ご参考になればと思います。 おすすめ電子書籍サイト【2019年最新版】 定額雑誌読み放題サービス ...
電子書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0kvr3ij4wwwegをフォローする
なるほどライフ